スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
黄金時代
2015-05-04 Mon 01:51
 ゴールデンウィーク、黄金週間。最盛期を黄金時代と表現しますがまさに然り。近年稀に見る(比喩で無い)盛り上がりを見せてました幾言茶。
 ゴールデンウィーク特別宣伝強化期間ということで、レイバンのサングラスもかくやと言うほどにtwitterに張りまくった効果が実を結んだと言えるでしょう。贅沢をいえば(黄金だけに)個人的には同時進行で開始・宣伝を始めたリレー小説のほうも盛り上がって欲しいんですがね。
 おそらくはゴールデンウィークを過ぎれば向う数か月、年末年始あたりまでは無いかと言うような盛り上がり。今と言う時を楽しんで胸に刻み、これから先の孤独を耐え忍ぶための兵糧としましょう。少数精鋭の一言掲示板諸賢は来客をいつでも歓迎する用意があります。

P.S. リレー小説が私の個人的な小説になる前にどうにかしてしまいましょう。

 
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
悠々自適
2015-03-08 Sun 02:43
 2か月に及ぶ超長期休暇、それでいて無為に極まってる春休みを送っていた銀です。
 無為極まるというより敢えて無為を極めていると言ってもいい程に何もしないをしている毎日。絶対何かやれることがあるはずですが、それでも頑なに何もしないことを貫くことで美学を見出していたのです。
 そんなキャッチコピーを掲げて生活を続けていたら電話口で親から怒られました。外に出ろというお達しを授かりました。戦時中の赤紙を思わせる脅威を肌に感じながら「行き先を検索する」というフレーズを言い訳にタブレットにかじりつく姿はまさに屑の如し。
 関東圏のよりよい観光スポット募集中。銀です。

PS.タイトルをネタ切れにより英字ことわざから四字熟語へ切り替え
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
New Year's Day is the key to the year.
2015-01-18 Sun 18:53
あけましておめでとうございます。
三が日も鏡割りも、センター試験すら終わりを迎えて尚、まだまだ正月気分でお送り致します。
冬休み効果の残滓もあるのでしょうが、どうもお年玉にいくらかの住民を貰えたようで、去年の閑散とした状況に比べて今日は割合賑わいを見せています。
受験生は頑張ってください、と思ってはいるのですが、こんなブログまで来て私の激励の言葉を視認出来てるような集中力の無い受験生は一人余さず落ちればいいなと思ってます。
私が受験中なら間違いなく見に来たでしょうね。
受験時の集中力のない自分を貶しているのか、自分が必ず見にくるような面白いブログを書いている(と思い込んでいる)自分を賞賛しているのか、よく分からなくなってきたところでまたいつか。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
All's Well That Ends Well
2014-12-31 Wed 20:43
2014年が終焉の零時に向かって進行しています。この記事を見ている人は2014年を満足に過ごすことは出来たでしょうか。
私は現実世界では大学に進学し、前期で単位を一つ二つ落とすもののなかなかに充実した毎日を過ごせたんじゃないかと思い込んでおります。では合成界はどうでしょうか。何が起こったのか何も起こっていません。人工のグラフはスロープのごとく限りなく水平に近い下り坂を描き、一言掲示板もジャスコ創設の煽りが直撃してシャッター街と化した四日市商店街のごとき閑散とした有様です。大会はついに期間中参加者が自然数を脱し、今もなお参加者数零人をキープしたまま大会期間が異次元の方向に延長されています。
どうしようもありませんね。2014年は合成界のとって何もない年といっていいでしょう。しかし2014年はもう終わるので何も問題ありません。
明日から2015年。心機一転、明日からは合成界の人口が急転直下急上昇。一言掲示板は近鉄四日市駅のごとき盛り上がりを見せ、大会は参加者カンスト。そんな未来を思い描きながら今年を終えましょう。
2014年、訪れてくれた方は本当にありがとうございました!来年も一言掲示板をよろしくお願いします!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『Snow Country』ver.Minecraft
2014-12-21 Sun 20:17
 山岳の長い坂道を超えると雪原であった。草の色が薄くなった。廃村の空き家に泊まった。
 向う側の洞窟からゾンビが立って来て、クラフターの前の木戸を叩いた。扉に罅が入りこんだ。ゾンビは力いっぱいに叩き壊して、仲間を呼ぶように、「ゔぁー。ゔぁー。」
 ダイヤピッケルをさげてささっと家に逃げて来た男は、鉄ネットで体全体を包み、頭にRespirationⅢの帽子を付けていた。
まだ昼だから大丈夫とクラフターは外を眺めると、前人のクリアリングらしい松明が周辺に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| iPharisaism | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。